歯磨き粉

プロポリスとローヤルゼリーの違いは?

プロポリスとローヤルゼリーは同じミツバチが作り出すものですが、両者は出来たものに関してはかなり多くの違いがあるといえるでしょう。
プロポリスは、抗酸化作用や殺菌作用を持つもので、フラボノイドやビタミンが含まれています。
また、その他の栄養素も多く含んでいるものです。

さらに炎症を抑えたり、抗酸化作用を持っているので、いろいろな病気を治すこともできるものです。
一方のローヤルゼリーというと、ミツバチの中でも女王蜂しか食べることのないものです。
そのため、ローヤルゼリーはとても貴重な食べ物として知られています。

ローヤルゼリーは、働き蜂が花粉やハチミツを食べた後、分解合成して上顎と下顎の咽頭腺や大腮腺から分泌されます。
つまり、こちらもミツバチがいったん口に含んだものが、女王蜂の食べ物として出てきているということになります。
ローヤルゼリーを食べると女王蜂のように体も大きくなり、寿命も伸びて、最終的には女王蜂の生殖機能も高まります。

こうした面を比べてみると、プロポリスはどちらかというと、病気になりにくい体を作ったり、免疫力を高めてくれたりするなど、病気に対してとても有効な物質であるといえます。
一方のローヤルゼリーは、栄養価の高い物質がたくさん含まれており、健康を増進することに重きを置いた健康食品が多くなっています。
そして、プロポリスは同時に摂取すると栄養を補助するような形で健康を増進したり、免疫力をアップさせたりとその効果の違いがよくわかると思います。

しかし、両方の健康食品を摂取していくことで、体の健康はますますよくなっていくことでしょう。
ストレスの多い現代人にとっては、ミツバチから作られる二つの貴重な物質を、毎日しっかりと摂取していくことで、その悩みも解消されることになります。
プロポリスやローヤルゼリーなど、よりしっかりとした栄養素も摂取していきながら、心身共に健康な体を作り上げていきましょう。
プロポリスは是非便利でお得な通販を利用してみてください。詳しくはこちらhttp://www.thelittleblogofmurder.com/pl2.html

Copyright(C) 2013 体に欠かせない栄養素 All Rights Reserved.