プロポリスのサプリさがし隊

メインイメージ

妊娠中のプロポリスの摂取は大丈夫?

プロポリスはミツバチが作ってくれた天然の物質です。
その素材は植物や樹液でできていますが、唾液を混ぜることでとても優れた効果を出せる物質へと変化するのです。
そして、ミツバチの巣の中で使われたり巣の通り道に付着させたりして、いわゆる殺菌効果を持ったものとして使っているといえます。

このようにプロポリスは天然の素材から出来ていて、殺菌効果もあり、その効果で外敵からミツバチやミツバチの巣を守っているわけです。
プロポリスを健康食品として摂取したり、病気に対する備えとして利用することも多くなっています。
薬ではありませんが、毎日服用すると免疫力が上がり病気になりにくくなります。

さらに副作用も少ないものとして、古代エジプトや古代ローマの時代から使われてきたとも言われています。
それでは、妊娠中の女性の場合はどうでしょうか?
通常でも胃腸が悪くなっているときや、空腹時の服用は止めておいたほうがいいでしょう。
プロポリスは日本だけでなく、諸外国で生産されているものです。

そのため、含まれている成分にはそれぞれ違いがあります。
妊娠中ならもう少し気を使い、副作用はないけれども、プロポリスの服用は止めておきましょう。
妊娠中は子供がおなかの中にいます。

親にはアレルギーなどの症状がなくても、子供にはもしかしたら何らかの影響があるのかもしれません。
プロポリスをもし飲みたいということであれば、医師に相談してから飲むようにしてください。
もしOKだということであっても、たくさんの量を飲んではいけません。

また、妊娠中には服用を控えるようにし、子供が産まれてからは服用を再開しても全く問題ありません。
プロポリスは、天然のものですが、やはり刺激のある物質です。
そのため、服用には十分に気をつけるようにしてください。
母子共に健康であれば、何よりもこんなよいことはないのかもしれません。