プロポリスのサプリさがし隊

メインイメージ

プロポリスには抗菌作用があるの?

プロポリスは、ミツバチから採取されるとても貴重な物質です。
この物質は必要な栄養素をまんべんなく含んでおり、それと同時に抗菌作用もあるというまさに一石二鳥の天然物質として知られています。

プロポリスの抗菌作用はどのような病気に効くものでしょうか?
例えば、風邪を引いたときなどの体調不良のときにも有効です。
さらに胃の調子が悪い人や胃潰瘍にもその効果があるとされています。

ピロリ菌などを退治するということもわかっています。
そして、抗酸化作用や虫歯や口内の炎症にもよく効くとされており、プロポリスの抗菌作用は用途の広いものとなっています。

プロポリスは天然のものであり、人工的に作られることはありません。
採取できる量も少ないため貴重な物質なのですが、それだけ値段も高くなっていて安く手に入れられるものではありません。
プロポリスにはどのような成分が含まれているのかというと、ポリフェノールやビタミン、アミノ酸などになります。

プロポリスには栄養素がバランスよく含まれているために、抗酸化作用の強いものが出来上がっているということです。
プロポリスがいいとされる点は、天然であるために副作用があまり出ないところです。
医師が処方する抗生物質は、とてもよく効くものですが、実際のところ副作用を伴うことが多いといえます。

しかし、プロポリスはそうした心配はあまりありません。
そのため、病気になってから飲むのではなく、病気になる前やなってからもずっと飲み続けることができます。
そうして、免疫力を高めることで再び病気になることを防ぐ効果があるというわけです。

ただ、アレルギーを持った人は、プロポリスの飲用には少し気をつけたほうがいいでしょう。
飲用していて、何かしら反応が出た場合は、すぐに医師の診察を受けるようにし、どうしてそのような体の症状が出てきたのかを知るようにしてください。
もし、プロポリスが原因ならいったん使用は止めることになります。