プロポリスのサプリさがし隊

メインイメージ

プロポリスは風邪の引き始めだけの服用でも意味がある?

プロポリスは、天然の抗生物質だとも言われています。
よく薬として医者が処方する抗生物質と違って、効果がそこそこあるけれど、副作用が少ないので、万能の抗生物質としても知られています。
では風邪を引いたときにプロポリスを使用するとどうなるのでしょうか?風邪を引いたときに、プロポリスを使用すると、使わなかった人に比べると倍以上の速さで回復したと臨床実験もあるくらいですので、風邪の症状にも大変有効であることがわかっています。

プロポリスの主成分は植物や木の樹液などを集めてミツバチが作った独自の物質です。
ミツバチの口の中にある酵素と樹液や花粉などを合わせると抗菌作用の強いものが出来上がるというわけです。
こうしたプロポリスを風邪に引き始めだけに飲用するのは、もったいないといえます。

普段からプロポリスを摂取しておけば、風邪やその他のウイルス性の病気にもかかりにくくなります。
ですから、風邪の引き始めから服用したとしたら、その後も継続的にプロポリスを服用し続けることで、体の細胞の一つ一つの免疫力を少しずつ高めていきます。
即効性はないのかもしれませんが、継続的に摂取することで、風邪に対しても抵抗力のある体を作ってくれるということになります。

風邪を引いたときに医師が処方する抗生物質はとても強い副作用があり、場合によっては便秘になってしまうことがあります。
これも腸内に必要とされている細菌をも死滅させてしまうことが原因で、抗生物質もよい面と悪い面があると考えてください。
そして、プロポリスはそうした面を見事にクリアして、栄養面と副作用の少ない抗生物質の両方を満たすものとして、いろいろな人に重宝されている物質であることがわかっているのです。
より効果的に服用するなら、ビタミン類のサプリメントを一緒に採るとより、生き生きとしたバランスのよい体を作ることができるでしょう。
風邪を引く前からも飲んでいても全く問題のないものなのです。

↓ローヤルゼリーとプロポリスの違いは?