プロポリスのサプリさがし隊

メインイメージ

プロポリスを服用してお腹を下したりしない?

プロポリスを飲んでいるとお腹が痛くなったり、下痢になったりすることはあるのでしょうか?体に良いからと薦められて、一度飲んでみたいと思っているけれど、クセのある健康食品だとすると、心配になります。
飲んでみたらお腹を下してしまいもう飲めなくなってしまった、などといったことではせっかくの高価なプロポリスが台無しです。
健康にいいとされている理由の一つに、ミツバチが作り出した天然の物質だということが挙げられます。

その素材も身の回りにある植物や樹木の樹脂などがほとんどで、人間の体にもなじみやすい性質があります。
さらにミツバチの分泌物と組み合わせることで、抗菌効果やウイルスや細菌に対しても抗活性効果が出てくることになります。
さらに胃腸に関しては、潰瘍や胃炎をはじめ、十二指腸潰瘍を引き起こすとされているピロリ菌などにも抗菌作用が働き、胃腸の調子をいつもよい状態にしてくれるということになります。
http://www.dupontatthecircle.com/ityou.htmlにも書いてあるとおり、胃腸が弱い方はパッチテストなどで確認してから服用するようにしましょう。

こうしたプロポリスを飲んでいると、体だけでなく、胃腸など栄養を摂取する際にとても重要な体の器官を内側から強くしていくことができます。
つまり、プロポリスを飲んだほうが、お腹にはとてもいい効果が現れるということになります。
仮に病気になったとしても、抗生物質を飲んでいると、病気に対しては効いてきますが、あまりにも抗生物質を使いすぎると、菌に耐性が出来てしまい、逆効果になってしまうことがあります。

そう考えると全て天然成分で作られたプロポリスはとても優れた健康食品だということがおわかりかと思います。
また、ここで重要なことは、プロポリスが薬ではなく、あくまでも健康食品だということです。
そうして、毎日飲み続けることで、少しずつではありますが絶大な効果を発揮することになるわけです。
胃腸の弱い人こそ、飲み続けるべき健康食品だといえるのです。
そして、癌やウイルスの侵入を防ぎ、活性酸素の吸収を抑えるなど副次的効果もたくさんあります。