プロポリスのサプリさがし隊

メインイメージ

液体プロポリスの保存方法

サプリメントタイプのプロポリスは一つ一つ錠剤になっていることがほとんどですので、保存に関しては、入っていたビンのフタをしっかりと締めることや、一つ一つパックされているものは、外の光に当たらないように暗所に保管するなど、あまり手間がかからないと思います。
ところが、液体タイプのプロポリスはどうでしょうか?液体タイプのものは、いったん開封した場合、その後の保存方法に少し悩んでしまうかもしれません。
液体になると新鮮さも失われますし、痛んでしまうともう飲めなくなってしまうことがあるからです。

基本的な保存方法は、開封後は冷蔵庫にしっかりと入れておいて痛まないようにしておくことです。
このように液体のプロポリスは、常温ではなく冷蔵庫で保管するということが基本になっています。
液体のプロポリスは、どのような容器に入っているのかを確かめてみると、茶色や黒い色をしていることがほとんどだと思います。

こうした色がついている理由には、プロポリスを直射日光に当てないようにするためです。
液体タイプのプロポリスは意外にもデリケートです。
中に入っている液体が直射日光に当たると、中に入っている有効成分が分離されてしまいます。

そして、そのままにしていると、やがて有効成分がなくなってしまい、せっかくのプロポリスも単なる液体に変わり果ててしまうということになります。
このため、液体タイプのプロポリスは、直射日光が当たらず、暗い場所に保存するようにしなければならないということです。
また、暑い場所も危険です。

夏場になると異常に高温になる場所に置いたり、火を使う場所の近くで保存していると危険です。
なぜかというと、中に含まれているアルコールが発火することがあるからです。
このように考えると液体のプロポリスは、その取扱いに十分注意する必要があります。
パッケージに書かれた保存方法をよく守り、最適な条件で保存しておけば、プロポリスを飲むときにも、中の有効成分もしっかりと働いてくれます。

↓気になるプロポリスのQ&A